ノンシリコンシャンプーで健やかな髪を手に入れる

髪の傷みの補修はできないシリコン

ノンシリコンシャンプーを知っていますか?最近、シリコンを含まないという新しい種類のシャンプーが、色々なメーカーから発売されました。
一時期の勢いはなくなりましたが、「ノンシリコン」というキーワードは、髪の毛に関心のある女性を中心に注目されています。

シリコンシャンプーの特徴

一般のシャンプーの中に含まれる「シリコン」という成分は、人工的に作られる化学物質です。シャンプーの中には、髪をコーティングして指通りをよくしたり、ツヤを出す為に入れられます。しかし一方で限界もあって、髪の傷みを補修するダメージ回復機能や、保湿したりは出来ません(保湿成分が入っていれば別)。

シリコンシャンプーの弊害

シリコンは使い続けるとキューティクルに貼り付いてトリートメントが浸透するのを妨げると言われています。また、シャンプーの後はサラサラで、ツヤもでますが、次にシャンプーする時にキューティクルを一緒に剥がしてしまう悪い影響もあります。おかげで髪の毛がパサパサになったり、枝毛や切れ毛の原因にもなります。
また普段からシリコン入りのシャンプーやトリートメントを使っている場合、美容室でカラーリングやパーマをかける際に染まりにくかったり、パーマがかかりにくくなることがあります。
これは髪質のせいではなくシリコンが液体の浸透を妨げているせいです。

ノンシリコンシャンプーの登場

頭皮や髪に合わないシャンプーを使っていると、頭皮にトラブルが発生したり、髪を傷めてしまいます。そこで注目されたのが、ノンシリコンシャンプーです。
頭皮のトラブルを予防したり、育毛環境を整えるのに役立つとされたのです。そういった意味でもノンシリコンシャンプーを使うというのは髪の毛の健康を守る為に有効な方法なのです。
また小さな子どもがいる家庭では子どもにも安心して使えるという理由から使用する人が増えています。

ノンシリコンシャンプー購入の際の注意点

ただし注意していただきたいのが商品表示です。ノンシリコンシャンプーと書かれている商品でも、シリコンが入ってないだけで、実質、シリコンと同じように髪をコーティングしたりする成分が入っている場合があります。表示成分をよく読まなければ髪の健康の為に使っていても効果が出ないので注意が必要です。
スタイリング剤やトリートメントにもシリコンが含まれていないかをよく調べて使えば、髪の毛本来の健康を取り戻して美しく輝く髪を手に入れることが出来ます。
まずは商品を手にとって成分表示を見てみてください。